かさはら歯科医院から車で5分 みやぎ生協新田東店近く P6台有り

医院からのお知らせ
歯の豆知識

歯を抜いた後は・・?

こんにちは😃仙台市宮城野区パーク歯科クリニックの庄子です!!

今回は「歯を抜いた後はどうしたらいいか?」について書いていきます!

歯が虫歯や歯周病で抜いた後は、かわりになる何かを入れないといけません🌝
次の3つの方法が選択肢として考えられます💡

①入れ歯
②ブリッジ
③インプラント

ではひとつずつ説明して行きます!

①入れ歯

見たことありますか?

患者さん自身が口の中に入れたり出したりができる取り外し式になっていて、死肉と同じようなピンク色のプラスチックの土手がついているものです。

メリット
・取り外し出来るのでお手入れがしやすい
・歯を削らなくてすむ

デメリット
・入れ歯を入れるということに引け目を感じやすい
・慣れるまで違和感がある
・噛む力が弱くなる
・支えの歯に負担がかかる

②ブリッジ

ブリッジは、歯がない部分を人工の歯で作り、それを両隣の歯を削って支えるものです。これは取り外しではなく、セメントでくっつけて固定します。

メリット
・固定するので違和感が少ない
・入れ歯より噛む力が強い

デメリット
・隣の歯を削らなくてはいけない
・隣の歯を支えにするので負担がかかる

③インプラント

インプラントは歯を抜いた所に、チタン製の人口の歯の根を埋めて、その上に人口の歯をかぶせる治療法です。

メリット
・歯があったときと同じように噛める
・歯を削らなくていい
・周りの歯に負担をかけない
・見た目がキレイ

デメリット
・外科手術が必要
・治療期間が長い場合がある

3つの方法をメリット・デメリットを含め簡単に説明しました!

その他にも費用に関しても違いがあります。

入れ歯は保険が使えます!ただし、保険で入れ歯を作ると決められた材料しか使うことが出来ないので、プラスチックや金属を使って機能的にも見た目的にも良いものが作れない事があります。(入れ歯を作る部位や本数によっては保険の材料を使っても満足してくれる方も多いです)
保険の入れ歯じゃ分厚いし違和感があるときは金属を使って薄い入れ歯を作ったり、支えの留め金が見た目的にカッコ悪いと思う時は金属の留め金を使わない入れ歯を作る事もできます。
しかし、これらの入れ歯は保険が使えないので自費で行うしかありません!

ブリッジも保険が使えます。しかしこれも保険で使える材料が決まっているので、保険で作ったブリッジは金属の物になります。
体に良い材料や、歯に優しい物、見た目が本物の歯みたく白くて綺麗な物を希望される時は自費になります。

インプラントは保険が使えないので自費です。

費用の面でも違いが色々ありますので、パーク歯科クリニックでは治療前に必ずカウンセリングを行います。もし、分からないことがあったら先生やスタッフに遠慮なく聞いてくださいね🌈

ではまた🐭

インドアビュー