かさはら歯科医院から車で5分 みやぎ生協新田東店近く P6台有り

医院からのお知らせ
歯の豆知識

フッ素について

こんばんは!仙台市宮城野区パーク歯科クリニックの有路です(ᵔᴥᵔ)

今回はフッ素について話したいと思います!
フッ素は普段使っている歯磨き粉の中にも入っていますが、具体的に歯にとってどのようなメリットがあると思いますか?

大きく分けて3つの効果があります。

①酸の産生を抑制する
虫歯の原因となるのはミュータンス菌という細菌です。
口の中に糖が入ると、この細菌が活発に働いて歯垢(プラーク)を作ります。そして歯垢の中で酸を作り出し、歯が溶け、虫歯になってしまいます。フッ素は歯ブラシで落としきれなかった歯垢の中のむし歯原因菌の働きを弱め、酸がつくられるのを抑えてくれます!

②歯質強化
フッ素を塗ることで、歯を強くし酸に溶けにくい歯にしてくれます。(^_^)特に生えたばかりの乳歯や永久歯は歯の質が弱く虫歯になりやすいので、お子さんの定期検診の際は必ずフッ素を塗っています!

③再石灰化の促進
人間の口の中は常に細菌がいる状態ですが、食べ物を取り込むことで細菌が糖を餌にして酸を作り出します。この酸が歯の表面にあるミネラルを溶かしてしまうことを脱灰といいます。再石灰化とは逆にその溶け出したミネラルを元に戻すという意味です。フッ素はその再石灰化を促進してくれるのです(ᵔᴥᵔ)

 

普段は唾液によって酸が徐々に中和され、30〜40分で再石灰化に戻してくれます。
しかしもしその間に食べ物が口の中に入ると、唾液の中和してくれる作用が追いつきません。その状態が続いてしまうと虫歯になってしまいます。

毎食後歯磨きをすることも大切ですが、時間を決めて規則正しい食生活ができれば、虫歯を予防することができます。

 

ちなみにこれが歯科医院で使用しているフッ素です。市販では販売していませんが、普通の歯磨き粉に含まれているフッ素の約10倍濃度が濃いものになります。定期検査の時は歯ブラシにつけて、普段の歯磨きのような感じで歯に馴染ませるので短時間で行うことができます(*^ω^*)

味は少し酸味があってりんごに近いような味です( ´ ▽ ` )

濃度が濃い分、だいたい3ヶ月は効果が続くので、子供の定期検診はフッ素の効き目通り3ヶ月に1回を目安に行なっています!

実はフッ素は食べ物の中にも含まれており、りんごや、緑茶、魚介類などにも入っています。ただ、含まれているのはごくわずかで、体の中に取り込んでもほとんどは排泄物となり外にでてしまいます。

毎日の歯磨きやにプラスして歯科医院でフッ素をぬることで、虫歯のリスクを少しでも減らすことが大切です\(^ω^)/

 

インドアビュー