かさはら歯科医院から車で5分 みやぎ生協新田東店近く P6台有り

スタッフブログ
2017/11/30
医院からのお知らせ
歯の豆知識

歯周病について

 

こんにちは!

仙台市宮城野区パーク歯科クリニックの星です!

 

皆さん、歯周病ってご存知ですか?

あ〜歯ぐきの病気だよね!!という方が多いですが

実は、歯を支えている骨の病気なんです!!!

歯を失う理由は虫歯だけではないんです!

 

今回は歯周病について

書いていきますのでよろしくお願いします(*^▽^*)

 

まず歯周病が起こる原因は???

 

歯周病は歯と歯ぐきの間の溝に付いた

歯垢(白いヌメヌメしたようなもの)の細菌によって

起こりうる感染症です。

 

その細菌によって歯肉に炎症(出血や腫れ)を

起こし、最終的には歯を支えている骨まで進行して

骨を溶かしてしまいます。

 

35才で約80パーセントの人が歯周病と言われています。

35才になって突然、歯周病になる訳ではなく

10代20代の頃から発症し少しずつ進行していき

気づいた頃にはもう手遅れっていう方も

少なくはありません( ´Д`)y━・~~

 

ですので、口臭、出血、腫れ、痛みなどの

自覚症状がある時はすでに進行している状態かもしれません…

 

 

歯周病の進行具合は4段階に分ける事ができます。

 

重度にまで達すると抜かなければいけないことも多いです(´;ω;`)

しかし初期や中程度の段階では、定期的に歯ぐきの

細菌をキレイに除去すれば、進行をストップできます。歯周病は早期発見が大切になりますね!

 

そんな歯周病の治療は??

 

①原因である歯垢を毎日のブラッシングやフロスで丁寧に取り除いて下さい。

しかし取り除けない歯垢や歯石は必ずあるので

歯医者にいらして除去してもらう必要があります。

 

②体調を整えて抵抗力をつけましょう

歯周病は免疫と関係しています。

お口の中は免疫力と歯周病菌の戦いなのです。

体調を崩したり、疲れが溜まっていると進行するケースがあります。

また、年齢を重ねるごとに免疫力も落ちていくので

40代50代から歯周病が進行する方が多いです。

 

③歯周病は慢性疾患のため、定期的な予防処置が必要です。

一度歯肉の状態が良くなっても、しっかりメインテナンスをしていなければ、悪い状態に戻ってしまいます。

ですので、定期的に歯科医院にきて、検査と歯垢歯石除去を行って下さい\\\\٩( ‘ω’ )و ////

 

そして最後に歯周病と全身疾患の関係です!

歯周病の原因は歯垢ですが、最近では糖尿病や心臓病などの全身の病気を悪化させる原因になっていることがわかってきています。

反対に全身疾患が歯周病を悪化させるケースもあるんです。

ご自分のお身体のためにも

お口の中のお手入れはとても大切ですね( •̀ .̫ •́ )✧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インドアビュー