かさはら歯科医院から車で5分 みやぎ生協新田東店近く P6台有り

シーラントとは

こんにちは!仙台市宮城野区パーク歯科クリニックの有路です\(^ω^)/

今回はシーラントについて書きたいと思います!なんとなく聞いたことある人もいると思いますが、シーラントって何だろう?と疑問に思う方も多いと思います(*^ω^*)

シーラントはフッ素塗布と並んで小児によく行われる虫歯の予防処置です!処置として、奥歯の溝をプラスチック樹脂の一種で埋めることになります\(^ω^)/主に生えて間もない6歳臼歯や奥歯に行います。

シーラントをすることでどのようなメリットがあるかというと、まずはシーラントで使うプラスチックの樹脂の一種にはフッ素が配合されています。それも虫歯予防につながるポイントなのですが、それを溝に埋めることで食べカスや汚れが溝に入ることを防ぎ虫歯予防につながります( ¨̮ )︎︎

また、シーラントを行うタイミングは、奥の永久歯が生え始めた時が目安になります。生えたばかりの永久歯は歯の質や、背が低く磨きにくいため、初期虫歯になりやすいという特徴があります。シーラントをすることで虫歯を遠ざけることができます。そのため、生えたての永久歯を守ってくれます(*^_^*)

しかしデメリットの面もあります。
それはシーラントが外れてしまう可能性があるということです。処置の流れとして、シーラントは歯を削ってつめるものではなく、もともとある奥歯の溝に埋めるので、歯ぎしりや食いしばりがあるお子さんは個人差はありますがとれてしまう可能性が高いです。
ただ、とれてしまったからといって、虫歯になるわけではないですし、3ヶ月こどの定期検診でも取れていないかチェックすることもできます。

適正時期として、まずは乳歯の奥歯が生えてくる3歳頃に一度検討しましょう( ¨̮ )︎︎
乳歯は永久歯に比べて歯の質が弱く虫歯になりやすい傾向にあります。
そして3歳くらいだとまだうまく歯磨きも出来ないと思いますから、汚れも溜まりやすくなります。
次に、6歳臼歯が生えてくる6歳頃にも検討しましょう。6歳臼歯は、溝がとても深いのが特徴です。
歯ブラシが届きにくいので、汚れが溜まりやすく虫歯になりやすく、最も寿命の短い永久歯の一つと言われています。食べ物をおいしく噛むために奥歯はとても大切です!日々の歯磨きも大切ですが、お子さんがいる方で奥歯の虫歯が心配な方はぜひシーラントをおすすめします
(*^_^*)治療自体も保険がきくので、安心してください\(^ω^)/

インドアビュー