かさはら歯科医院から車で5分 みやぎ生協新田東店近く P6台有り

歯に良い食べ物

こんにちは(^ω^)仙台市宮城野区パーク歯科クリニックの庄子です(・∀・)✨

 

前回は、歯が溶けやすい食べ物や食事のとりかたについてお話ししましたが、みなさん意識していますか(o^^o)❓笑

生活習慣を変えるのってなかなか難しいですよね(´;Д;`)

虫歯は、実は生活習慣病です。生活習慣病と聞くと、肥満とか高血圧とか糖尿病をイメージしますが、虫歯もその仲間です(・∀・)

不規則でかたよった食事をしていると、歯にも悪い影響がでます。゚(゚´Д`゚)゚。

バランスよく、規則正しい食習慣を自分自信またはお子さんに与えることは将来の丈夫な歯を作る上でとても重要なんです!!

 

今回は、歯に良い食べ物をご紹介します( ̄▽ ̄)

まずは、歯の基礎を作る食べ物!

健康な歯を作るには、あじ、卵、牛乳、豆腐などの良質タンパク質が必要になります(o^^o)

 

歯のエナメル質の土台を作る食べ物は、

豚肉、レバー、ほうれん草、にんじん、バターなどのビタミンA

 

歯の象牙質の土台を作る食べ物は、

ほうれん草、みかん、さつまいも、キャベツなどのビタミンC

久しぶりに登場のうちのリトちゃんはみかんがお気に入りのようです🍊

 

歯の石灰化を助ける食べ物は、

ひじき、チーズ、しらす、米、牛肉、豚肉、卵などのカルシウム、リン

 

カルシウムの代謝を助ける、歯の石灰化の調整をしてくれる食べ物は、

バター、卵黄、牛乳などのビタミンD

 

また、これからの食品をたくさんとるように気をつけるだけじゃなく、よく噛んで食事をする事で唾液がお口の中をキレイにしてくれます(・∀・)

 

そして、お子さんのおやつについても考えましょう(^_^)

お子さんに濃い甘さを慣らしてしまうと、佐藤の食べ過ぎを招きます(O_O)

砂糖は美味しい甘味料ですが、取り過ぎると虫歯や肥満の原因となるので、要注意です!!

天然の甘さの糖濃度は10〜15%くらいなので、この点を考えながらおやつを調整しましょう(^_^)

果物 10〜15%

プリン・ゼリー 15〜20%

アイスクリーム 17〜20%

クッキー 25〜30%

かりんとう 30%

カステラ 35%

チョコレート 40〜50%

もなか・ようかん 45〜55%

キャラメル 60%

キャンディー 80〜90%

 

1日中キャンディーを舐めっぱなしだと虫歯のリスクがとても高くなりますね(´;Д;`)

甘いものはとても美味しいですし、子供達の楽しみでもあるので、時間を決めて食べるようにして、もちろんハミガキも忘れないようにしましょう(o^^o)

 

では

 

インドアビュー