かさはら歯科医院から車で5分 みやぎ生協新田東店近く P6台有り

6歳臼歯とシーラント

こんにちは!仙台市宮城野区パーク歯科クリニックの有路です(^ω^)

今回は6才臼歯とシーラントについて書きたいと思います(*^ω^*)

歯は、歯茎を押しのけて下からゆっくりと生えてきます( ˘ω˘ )
生えたての歯は石灰化が未熟で、初期虫歯になりやすいです。
歯茎に歯が隠れていたり、噛み合わせの面の形が複雑な為、気を付けないと、歯垢をしっかり落とすのが難しいのです。
歯ブラシの当て方を工夫したり、歯ブラシの毛先の形を変える事によって難しい場所にも対応することができます。
保護者の仕上げ磨きの時に、その場所限定で、毛先が細い歯ブラシや、ワンタフトブラシの使用をおすすめします。
この時期、特に保護者による仕上げ磨きが大切になってきますので、少し子供の歯磨きのお手伝いをしてあげてくださいね。
また、歯の溝を埋めて虫歯予防するシーラント処置を受ける事もお勧めします。シーラント処置とは、奥歯の噛み合わせの面の溝や歯の側面や裏側の溝をプラスチックで埋めてしまう処置のことで、歯垢が溜まりにくくなる為、虫歯予防の効果があります。
保険適用の処置です\(^ω^)/

やり方としては、口の中に綿を入れたり風をかけたりしながら処置を行い、シーラントのお薬は光を当てて固めます(*^ω^*)

6歳臼歯だけなく、生えたての永久歯の前歯の裏や、乳歯の奥歯に処置を施すこともできます。シーラントは歯を削って付けるわけではなく、溝にそのままお薬をつけるので多少噛み合わせの高さがでてくると思います。ですので、歯ぎしりの多いお子さんや、個人差はありますが、取れてしまう事があります。取れてしまったと気づいた場合はつけ直しもできますのでお声がけください(*^_^*)
シーラントは溝の部分に歯垢が溜まらないようにする処置ですが、普段通りしっかり歯磨きするようにしてください!
虫歯にならないから安心と、お手入れをさぼっていると虫歯になることもあります。
シーラント処置は噛み合わせの溝に行うものなので、行っていない場所(歯の間や側面)も注意して磨きましょう\(^ω^)/

6歳臼歯は一生使うとても大切な歯です。生えたての歯は、石灰化が未熟で、虫歯になりやすいと言われていますが、不規則な食生活(時間を決めない間食のとり方や、甘い飲み物)によっても虫歯は左右されるので気をつけましょうヽ(*^^*)ノ

もしシーラント処置が気になる方がいたらスタッフにお気軽にお声がけください( ˘ω˘ )

インドアビュー