かさはら歯科医院から車で5分 みやぎ生協新田東店近く P6台有り

歯垢と歯石は何が違うのか?

みなさんこんにちは!青葉会事務局の庄子です!仙台市宮城野区パーク歯科クリニックをいつもご利用いただきありがとうございます!

虫歯や歯周病を予防するためには歯磨きをちゃんとして歯垢や歯石がつかないようにしなくていけない!!と分かっている方は沢山います!でも、「歯垢」と「歯石」の違いは何か分かりますか?歯磨き粉のCMで「歯垢を除去!!」とかよく流れているので「歯垢」や「歯石」といった言葉は聞いたことがあると思いますがこの2つは同じものではありません!今日は歯垢と歯石の違いを説明していきます!

歯垢について

歯を舌で触ってみて下さい。ツルツルしていますか?ザラザラしていますか?ザラザラしていたらそれは歯垢がついています。歯磨きをサボっていると歯にザラザラしたりネバネバしたものがつきます。爪などでこすると取れるこの白い物体・・・これが歯垢です。プラークとも言います。

食べカスと勘違いしている方もいますが、歯垢は繁殖した細菌のかたまりです。歯垢には何億個もの細菌が詰まっています・・( ゚Д゚)

虫歯のでき方は何度も説明してお分かりかと思いますが、口の中の細菌が食べ物の糖分を摂取し、酸を出して歯を溶かします。つまりこの細菌のかたまりの歯垢が虫歯の原因の1つになるのです。

また、歯垢に含まれる細菌が硫化水素などの臭いが強いガスを発生させてしまうので口臭の原因にもなります。

なので歯垢は毎日の歯磨きで除去することが大切です。歯垢は歯と歯の間や奥歯のかみ合わせの面や歯と歯茎の境目などにつきやすいので、ハブラシだけではなくデンタルフロスなどを使って丁寧にお手入れすることが大事です。また歯垢はハブラシをちゃんと当てないと取れないので、正しい磨き方を歯科衛生士に学ぶこともおすすめします。そして発泡剤が入った歯磨き粉やミントの味が強くてスースーするものは、歯をちゃんと磨けてなくても磨けた気になってしまうので要注意です。ハブラシを使わず、マウスウオッシュだけで済ますのもよくないです。最初に書いたように、舌で歯を触ってみてザラザラしていたら磨けていない証拠なのでチェックしてみて下さい!

歯石について

では歯垢を磨かずそのままにしていたらどうなるでしょう?

そのままにしていると唾液に含まれるカルシウムなどによって硬く石灰化し、「歯石」となって歯に定着します。

歯石が歯についているとザラザラしているので歯垢がつきやすくなります・・・。そしてまた歯石が・・・。

歯石になってしまうと自分では取れません。そのままにしておけば虫歯や歯周病が進行してしまいます。ですので歯科医院に来て歯石をとってもらいましょう!!

 

メンテナンスの大切さ

どんなに高い技術の治療を先生にしてもらっても、日々のお手入れで歯垢を除去できていなかったり、定期健診をサボって歯石がたまったままになっていると直したは長持ちしません。ですので、歯科の治療では削ったり、詰めたり、被せたり・・・などの治療よりも大切なのは(もちろん歯を修復して噛めるようにすることも大事です)歯垢をためないようにしてついてしまった歯石を除去することです。

自分の歯は大事にしましょう(*^-^*)

インドアビュー