かさはら歯科医院から車で5分 みやぎ生協新田東店近く P6台有り

歯周病について

みなさんこんにちは( ^∀^)

仙台市宮城野区パーク歯科クリニックで土曜日にケアを担当しています、歯科衛生士の櫻井です!!

最近、コートだけではなくマフラーが必需品になってきた季節に突入してきましたね!

私は、冬生まれなので雪が降らないかとソワソワして待っている今日この頃なのですが、みなさんはどうでしょうか?

今日は、「歯周病について」お話ししていきたいと思います!

そもそも歯周病とは?

みなさんご存知でしょうか?

歯周病は、簡単に文書で説明をすると歯の歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。

歯と歯肉の境目についた歯垢から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えているまわりの組織をジワジワと壊していくことをいいます。

歯周病は、歯を失う最大の原因となってます。

統計によると、35歳で80パーセント以上の人が歯周病になっています。

しかし、35歳になってから突然歯周病になるわけではありません。

実は、10代から少しずつ進行していき、20数年の歳月をかけて、歯肉をジワジワとゆっくり侵されていき、そのうち歯肉から血が出るという自覚症状が出てきて30代の頃には、歯肉炎・歯周炎になってるということがあります。

虫歯と違ってほとんど痛みがないため、気がついた時には歯を抜くはめに、、、なんてこともありえる怖い病気なのです。

歯周病の進行段階は、大きく分けて4段階に分かれていて歯肉炎→軽度歯周炎→中等度歯周炎→重度歯周炎と進行していきます。

ほとんどの人は、先程上で述べた歯肉から血が出るといった自覚症状を感じてからはじめて歯科医院の診察を受けに行きますが、このような症状があるときには歯周病が悪化していて進行している状態です。

ついつい放っておいて歯周病が悪化し、歯を抜くと多くの障害が出てきます。

50代で自分の歯がほとんどないということにならないよう日頃から歯周病の予防を心がけいかなくてはなりません。

実際、ご自身の歯は大丈夫でしょうか?

歯周病のチェックしていきたいと思います。

1、出血

毎日のハミガキで出血はしていませんか?

2、腫れ

歯肉が赤く腫れていたり、なんとなくしまりがなく、ブクブクにゆるんでいる感じがしませんか?

3、口臭

口臭が続いていたら要注意!

本人は気づきにくいものですから家族などが知らせてあげるといいでしょう。

4、痛み

なんとなく、どこというわけではないけれど、痛い・かゆい・不快だと感じますか?

上のチェックで当てはまった人は、一度歯科医院で診てもらうといいでしょう!!

次回は、歯周病のその後をお話し出来たらと思います。

それでは、また!!

インドアビュー