かさはら歯科医院から車で5分 みやぎ生協新田東店近く P6台有り

保険の総入れ歯でお悩みの方

みなさんこんにちは!青葉会事務局の庄子です!仙台市宮城野区パーク歯科クリニックをいつもご利用いただきありがとうございます。

 

虫歯や歯周病で歯を失ってしまうと入れ歯を入れなくてはいけなくなります。(もちろん入れ歯以外のインプラントといった選択肢もございますが)特に歯周病で歯をほとんど失ってしまうと、顎の骨の関係で選択肢が入れ歯しかなくなってしまいます。

私は入れ歯を入れたことはありませんので・・・入れ歯を入れている使い心地などは分かりませんが、多くの患者さんのお話を聞いていると、やっぱり入れ歯は違和感が強く、あまり物が噛めない、話しづらい・・など悩んている方が沢山いらっしゃいます。入れ歯を入れると嘔吐反射でオエッ・・となり入れることができず悩んでいる方もいらっしゃいました。

確かに保険を使い作った入れ歯はプラスチック製なので、強度を出すために厚みがあります。「先生、もっと薄くできないですか?」と相談にいらっしゃる患者さんもいますが・・あんまり薄くしすぎると作った入れ歯がすぐに割れてしまい使えなくなってしまうのです。

頑張って使ってもらい慣れてもらうしかないですが・・なかなか慣れない方もいますし、なんとか使えているがもう少し快適にできないか・・?と思っている方のために今日は保険で作るプラスチック製の入れ歯以外の材料で作る入れ歯をご紹介します。

 

金属で作る入れ歯

プラスチック以外の材料で作る入れ歯は、上顎の天井部分(口蓋というところです)を金属にするものです。下顎の入れ歯も金属で作る事は可能ですが、あまりプラスチックとの違いが顕著には感じられないため主に上顎の入れ歯を作る時に金属にする方が多いです。

右半分が保険で作ったプラスチック製の入れ歯で、左半分が天井部分を金属にした金属床という入れ歯です。

金属で入れ歯を作る利点

なぜ金属で入れ歯を作るといいのか?というと、プラスチックに比べて金属の方が強度が強いというのが理由の1つです。強度が強いということは、入れ歯を薄くすることが可能です!!

これは入れ歯を横から見た感じです。プラスチックよりも断然金属の方が薄いですよね?プラスチックですと強度の関係で2ミリ前後は厚さが必要になりますが、金属ですと1ミリ以下にすることが可能です。なので、金属を使って入れ歯を薄くすることで、違和感を感じにくくなるのです。

また、話すときに発音機能にも良い影響を与えたり、金属は熱を通しやすいので、食事をする時に「熱い」とか「冷たい」を感じることが出来るので、より食事を楽しむことが可能になります。

金属の入れ歯の欠点

この金属を使った入れ歯は保険で作る事が出来ないのです。ですので、費用は保険の入れ歯に比べれば高額なものになります。

また、精密な型取りや作製に高い技術を要するため完成まで時間がかかります。(保険の入れ歯でも完成に1カ月はかかるので、それ以上の期間が必要になる場合があるのです)

より良い生活を

歯がもうないから・・年だから・・・と諦めていませんか?確かに自分の歯を失ってしまえば思うように食事が出来なかったり、話すことが出来なかったりします。でも諦めずに最善の策を考えて生活の質を高めましょう。いつもよりご飯が美味しく感じたり、自信を持って話が出来たり笑えたり・・少しの事かもしれませんが・・それが日々の生活がより良いものに変わり人生を明るくしてくれるかもしれません。歯の治療を通してみなさんの生活が豊かになる事を願っております。

インドアビュー