かさはら歯科医院から車で5分 みやぎ生協新田東店近く P6台有り

妊娠性歯肉炎について

こんにちは!仙台市宮城野区パーク歯科クリニックの有路です(*^ω^*)

今回は妊娠中のお口の中の変化について書きたいと思います。

妊娠中は女性ホルモンの分泌量が増えるため、様々な変化が身体に起こります。お口も例外ではなく、口腔環境が変化しやすくなる状態です。特に歯周病は、妊婦さんがかかりやすく、お腹の赤ちゃんにも影響を与えると言われております。
今回は、妊婦さんが歯周病にかかりやすい理由と、自宅でもできる予防法をご紹介します。

まず、歯周病とは、お口の中には、プラーク(歯垢)という細菌の塊が存在し、歯肉や歯周ポケットに付着して炎症を引き起こします。その炎症が重症化したものが歯周病です。歯周病は、歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かしながら症状を進行させ、最終的に歯が抜け落ちてしまう恐れもあります。また、歯周病は自覚症状が現れにくく、本人が気づかないうちに歯周病が進行しているケースも多くあります。
妊婦さんが歯周病になりやすい原因は2つあります。
①ホルモンバランスの変化
妊娠中は女性ホルモンの分泌が活発に。中でも、エストロゲンというホルモンが歯周病菌の増殖を促すため、歯周病が悪化する恐れがあります。また、唾液の分泌量が低下し、口腔内の乾燥が続いた状態になります。すると、唾液成分の自浄作用が機能せず、細菌を洗い流すことができません。
②つわりによる影響
つわりの時期は、ニオイや刺激に敏感になり、歯磨き粉の香りでも吐き気を感じることがあります。また、歯ブラシが舌に当たると嘔吐反射が起こってしまいがちに。気持ち悪さを避けるために歯磨きを怠ることが増えると、細菌が増殖しやすい口腔環境になるので、注意が必要です。

自宅でできるケアとしては大まかに3つあります。
①うがい
歯磨きが難しいときは、うがいをしましょう。水でのうがいでも構いませんが、マウスウォッシュを使うことで、口腔内をある程度、綺麗に保つことができます。国内で販売されているマウスウォッシュは、胎児に影響が出る成分は含まれていませんので、安心してご利用になれます。
②歯磨きにひと工夫
つわりの時期は、ニオイや刺激に敏感になります。もし、歯ブラシを使える場合は、歯磨き粉を付けずにブラッシングしましょう。また、ヘッドの小さい歯ブラシを使うこともお薦めです。舌に歯ブラシの毛先が当たりにくいため、嘔吐反応が起こりにくく、奥歯までしっかり磨けます。
③ガムを噛む
ガムを噛むと唾液腺が刺激され、唾液が分泌されます。唾液によって細菌が洗い流されるので、口腔内に細菌が残りにくくなります。また、キシリトールが含まれているガムは、歯周病予防や虫歯予防に繋がるのでお薦めです。

自宅だけではなく、歯科医院での定期的なケアも大切ですヽ(*^^*)ノ

健康な赤ちゃんを産むためにも、歯周病対策を行いましょう( ¨̮ )

インドアビュー