かさはら歯科医院から車で5分 みやぎ生協新田東店近く P6台有り

喫煙がお口の健康に与える影響

こんにちは。仙台市宮城野区 パーク歯科クリニック 院長の中川です。

今回は、喫煙がお口の健康に与える影響についてお話をいたします。

タバコには4000種類以上の化学物質が含まれ、そのうち40種類が発がん物質といわれています。お口の中はタバコの煙が最初にからだを通過する場所なので、さまざまな悪影響をじかに受けます。

タバコの3大有害物質は、「ニコチン」 「タール」 「一酸化炭素」 です。ニコチンは依存性が強く、禁煙しようと思ってもなかなかやめられないのは、これが原因です。タールはいわゆる「ヤニ」で、強い発がん性があります。また、タバコは低い温度で不完全燃焼するため、一酸化炭素が発生します。一酸化炭素は、血液中のヘモグロビンと非常に強く結びつきます。普通なら、ヘモグロビンは酸素と結びついて、体内に酸素を運搬するはたらきをするのですが、一酸化炭素と結びつくと、体への酸素供給が妨げられます。その結果、タバコを吸う人特有の、肌の老化が起こります。いわゆる「スモーカズフェイス」といった、目じりのしわや口唇の乾燥・着色、口周りのしわ、歯・歯肉の着色・口臭など、特有の老化を呈します。

タバコのより、歯の表面に「ヤニ」がつくだけでなく、歯ぐきにも着色が起こります。加えて、口腔がん・咽頭がんの発生率が3倍になるほか、味覚が鈍くなったり、口臭を悪化させたりします。1980年代ころより、喫煙者と非喫煙者で歯周病の進行具合に差があることが注目され始め、現在では喫煙は歯周病の大きなリスク要因であることもわかっています。また、最近では子どもの虫歯発生率や歯内療法の予後も、親が喫煙者か非喫煙者かで左右されるとの報告もあります。

また、喫煙者と非喫煙者の違いは、歯ぐきにも現れます。喫煙者の歯ぐきは暗紫色でゴツゴツと硬く乾燥して見えます。特に直接タバコの煙があたる口蓋側ではその傾向が顕著です。

喫煙者の歯ぐきが暗紫色になるのは、ニコチンの毛細血管収縮作用と、一酸化炭素が原因です。ニコチンの血管収縮作用により、組織の血行は悪くなります。また、一酸化炭素がヘモグロビンと結合することで、血液の色自体もどす黒くなります。このような理由で、歯ぐきは健康なピンク色ではなく、暗紫色になります。メラニン色素の沈着も強く認められるほか、辺縁歯肉がロール状に肥厚し、繊維性でゴツゴツとしています。これは見た目ではなく、実際に治療をしていても感じることができます。

 

 

 

インドアビュー