かさはら歯科医院から車で5分 みやぎ生協新田東店近く P6台有り

キシリトールについて

こんばんは!有路です\(^ω^)/
みなさんキシリトールにはどんな、働きがあるのか知ってますか?
よくガムのCMや商品名でもキシリトールという言葉を耳にすると思います(*^_^*)
歯に良い理由やそもそもキシリトールって何でできてるのかを今日は書きたいと思います!
まず原料ですが、キシリトールは天然素材の甘味料で白樺やトウモロコシからできています\(^ω^)/

また、私たちの身近なところでは、イチゴやラズベリー等の果物やレタスやホウレンソウ、カリフラワー等の野菜などに含まれています。
キシリトールは一般的にはよくガムや飴などに含まれています。砂糖とほぼ変わらない甘さですが、なんとカロリーは砂糖より25%ほど低いと言われています!
また、歯にとってはとても良い効果があります。
一つ目は、口の中で酸を作り出さない糖であることです。普通の糖を摂取すると、ミュータンス菌(虫歯菌)が糖を分解して発酵させ酸を作ります。
それによって歯の表面は溶けてしまい虫歯になってしまいます。
ですが、キシリトールは甘味料でありながらミュータンス菌はキシリトールを分解できません。そのため虫歯ができないと言われています。
二つ目は、虫歯菌であるミュータンス菌の活動を弱める性質があると言われています。
キシリトールを長期的に取り込むことで、どんどん虫歯菌の繁殖が弱まり、虫歯ができにくい環境になります。
ただ市販でみるキシリトール入りのガムや飴の中では、キシリトールが100%ではないものもありあります。
キシリトール以外の甘味料が入っていれば口の中で酸を作り出し、虫歯の原因になってしまう可能性があるので、なるべくキシリトール100%のものを選ぶことが大切です。
そして、キシリトールを摂取しているからといってかならずしも虫歯にならないとは限りません。毎日の歯磨きや、規則正しい食生活、定期検診なども健康的な口の中の環境に導くためにはとても大切です。当院では、キシリトールを100%配合したガムやタブレットもおすすめしています。
しまじろうがイラストされているタブレットはまだガムや、飴を食べれない小さいお子さんにも効果的です!
ただ1度にたくさん食べてしまうとお腹がゆるくなってしまう場合もあるので、1日2.3個など決めて食べると良いと思います。
タブレットだけでなく、ガムもミントやアップルなど大人の方でも食べやすくなっています(*^ω^*)
普段スーパーなどでガムや飴を買う際はキシリトールの表示を見てみたり、普段甘いガムを噛む方もぜひ歯に優しいキシリトール配合のものを選んでみるといいかもしれませんね(ᵔᴥᵔ)

インドアビュー