かさはら歯科医院から車で5分 みやぎ生協新田東店近く P6台有り

子供の歯は虫歯になりやすい

こんにちは、歯科衛生士の小田原です。

先日リアル脱出ゲームに初めて挑戦してきました。アジトオブスクラップ仙台という所で挑戦してきたんですが、とっても楽しかったですね!普段使われない部分の脳みそが無理やり動かされてる感じが心地よかったです。私たちが参加した回は3組中2組脱出成功できました。もちろん私たちは脱出失敗です…
普段見慣れてる景色に疑問を持てる人って天才だなと感心してしまいます。
悔しいを上回る程の楽しかったという気持ち‼︎こりゃハマります。また挑戦したいです。

さて今日は、虫歯予防についてのお話しです。

皆さんは子供の歯と大人の歯はどちらが虫歯になりやすいと思いますか?

実は虫歯になりやすいのは子供の歯なんです‼️

乳歯や生えたばかりの永久歯は、歯の表面が未成熟なため酸に弱く、虫歯になりやすいです。

そのため、乳歯の生え初めの1~2歳、永久歯の生え初めの5~8歳くらいの時期は、最も虫歯になりやすい時期です。

生え初めの歯を虫歯にならないように守るにはどうしたらいいでしょうか?

それは、フッ素塗布です✨

乳歯や永久歯の生え初めなどの歯の質が弱い時期や虫歯になりやすい子供にたいして、歯科医で予防措置としてフッ素塗布を行います。

これは、フッ素を歯の表面に塗る方法で、歯と歯の間、歯と歯肉の境目の虫歯予防に有効で、ごく軽い虫歯をこれ以上進行させない効果もあります。

また、生えたての歯の場合には、歯がフッ素を取り込んで糖分からできた酸に対する抵抗力を増す働きもあります。

歯が生え終わったら虫歯にならないと思いますか?

そんなことはないですよね。

もちろん歯が生え終わった後も虫歯にはなります。

歯が生え終わった後にも予防として出来ることはたくさんあります。

その一つにシーラント(小窩裂溝填塞法)があります。

奥歯には噛み合わせの面などに溝がありますが、この溝は奥の方がとても細かくなっていることがあります。

このため、虫歯菌や食べカスがここに入ると歯ブラシでは、なかなかきれいにすることができずに虫歯の原因となることがあります。

シーラントとは、歯ブラシの毛先が届かないような歯の溝の奥を清掃した後、レジン樹脂などで溝にシールをしてしまい、細菌や食べカスが入らないようにすることで、虫歯予防をしてくれます。

もちろん、シーラントしたからといって虫歯にならないと言うわけではないので、歯磨きもしっかりしないといけないです。

その他にも、家でも出来ることがあります🏠

それは、しっかり歯磨きをすることです。

普段皆さんが家で使っている歯みがき粉にもフッ素は入っています。歯医者さんで塗っている高濃度のフッ素は毎日塗りに来るのは大変ですよね💦

家で出来ることもあるので是非がんばって磨いてみてください。

たまには鏡を見ながら自分の口の中を見ながら歯磨きしてみてください。

新たな気付きがあるかもしれないですね🔎

インドアビュー