かさはら歯科医院から車で5分 みやぎ生協新田東店近く P6台有り

6歳臼歯ってなに?🦷

こんにちは🌞歯科衛生士の村井です🐽

最近は寒かったり暑かったり、気温の差が激しいですが、みなさまいかがお過ごしですか?私は最近KPOPにハマっておりまして…中学高校くらいの時に好きでLiveに行ったりしていたのですが、最近おうちで過ごす時間が多くてYouTubeをよく見るようになってから、久しぶりにKPOPを聞いたら、やっぱり好きや…と思いました笑

ちなみにNCT DREAMというグループが好きです!デビュー時もう本当に幼かったのに、最近とてもかっこよくてですね…勝手に成長を感じております…最近出たHello Futureという曲がとっても爽やかで素敵なのでぜひ聴いてみてください!MVで褐色の肌をした青いベストの子がいたらそれは私の好きな人です🐻💚

さて今回は、6歳臼歯と呼ばれる奥歯についてお話しします🦷

6歳臼歯とは、乳歯列のさらに奥から生えてくる大人の歯です。だいたい6歳くらいから生え始めることから、6歳臼歯とも呼ばれていますね🤔

(ちなみにそのさらに奥から生えてくる奥歯は12歳ごろに生えてくることから、12歳臼歯とも呼ばれます。ただ、生えてくる年齢には個人差がありますので、必ずしもその年齢で生えてくるとは限りません。11歳で生えてくる子もいれば、13歳で生えてくる子もいます。平均的な萌出時期から1年くらいの前後は特に問題ありません。気になる場合はスタッフに聞いてみてくださいね👍)

6歳臼歯は口の中で噛む力が最も強く、歯を食いしばる上で1番重要な歯なのです😳ところがその一方で虫歯になりやすい歯でもあります。その理由は、

①噛み合わせの面が複雑であること

②完全に生え終わるまで1年くらいかかること

の2つが挙げられます。生えかけの歯は虫歯になりやすく、噛み合わせの溝に汚れがたまると虫歯になってしまいます。また、乳歯の奥から生えてくることもあり、注意していなければ、生えてきたことにも気づかない場合があります。ですから磨き残しが出やすいのです😱

では6歳臼歯を守るにはどうしたら良いでしょうか。

当院では、噛む面がしっかり見えてきたら、シーラントと呼ばれる処置をおすすめしています🌊シーラントは噛む面の溝にフッ素が配合された白い材料を詰めて物理的に溝を浅くし、虫歯の予防をするものです。ただ、シーラントをしたからといって虫歯にならないとは限りません。噛む面ではなくとも表側、裏側が虫歯になることもありますので、シーラントした後も引き続き毎日の歯磨きをしていただくようお話しさせていただいております。また虫歯治療のように削って詰めているわけではないので、比較的取れやすいです。そのため、定期的に来ていただいて、検診と一緒にシーラントが取れていないかも確認いたします。

6歳臼歯はお口の健康の要ともいえるとても大切な歯です。虫歯にならないようにしっかり予防していきましょう💪

インドアビュー