かさはら歯科医院から車で5分 みやぎ生協新田東店近く P6台有り

虫歯の原因〜糖について〜

こんにちは!
歯科衛生士の遠藤です♪( ´▽`)

朝晩は肌寒くなったり、すっかり秋らしくなってきましたね〜!
この時期うちの夜ごはんは、鍋やおでんに完全移行する前に、芋煮をよく食べます!
9月半ばくらいから3回食べました〜!

醤油味で、里芋、牛肉、ネギ、が入っていれば、私の実家がある山形県尾花沢市のスタンダードな芋煮です!

その他の具材はお好みで〜、、、私は、
結び糸こんにゃく(普通のこんにゃくより糸コンが好き!)、
きのこいっぱい(舞茸、えのき、ひらたけ、大きいなめこ、など)、
を入れるのが好きです!

秋は美味しいものがいっぱいなので、毎日何を食べようか楽しみが増えますね〜(((o(*゚▽゚*)o)))

〜ここからは歯科のお話〜

今回は、虫歯の原因のひとつとなる「砂糖」について!

まずは、糖質には、「発酵性糖質」と「非発酵性糖質」があります。

前者の「発酵性糖質」が、虫歯菌が分解して酸を出す材料になります。

 

☆「発酵性糖質」…ブドウ糖、果糖、ショ糖、麦芽糖、乳糖、オリゴ糖などがあります。

 

その中でもいちばん危険なのが〝ショ糖(スクロース)″  です!!

 

※虫歯菌(主にミュータンス菌)は、酸産生するだけではなく、〝ショ糖″ から、歯の表面に粘着しやすい不溶性グルカンを生成して、プラーク(歯垢)の形成を促進します。

粘着性のベタベタしたガンコなプラークの中で、虫歯菌が増殖し、酸を出すので、虫歯リスクがとても高くなります。

〝ショ糖(スクロース)” の摂りかたは特に気をつけたいですね!

 

※それぞれの糖を多く含む食べ物※

 

・ブドウ糖…ごはん、パン、小麦粉、はちみつ、いも類など。

・果糖…くだものなど。

・ショ糖…砂糖(上白糖、グラニュー糖など)

・麦芽糖…ごはん、いも類など。

・乳糖…牛乳、母乳など。

・オリゴ糖…いろんな種類がありますが、フラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖などは、構造的に虫歯になりにくい糖です。
パラチノースは虫歯の原因にならない糖です。

 

 

☆「非発酵性糖質」…糖アルコール(キシリトール、ソルビトール、エリスリトールなど)、ステビア、アスパルテーム、などがあります。

 

※糖アルコールの特徴※

・虫歯菌の酸産生の材料にならない。

・消化管での吸収が遅く、低カロリー。

・多量に摂取すると一過性の下痢をおこすので要注意です!

 

 

〜虫歯予防のために〜

発酵性糖質を摂取したあとは、しっかり飲食後にハミガキをしましょう!

普段食べたり飲んだりしている物の甘みは、どんな糖質なのか?食品パッケージの裏の成分表示を見てみましょう!

糖質の種類や、摂取方法、摂取回数などを考えて、虫歯予防しましょうね!(^ ^)

インドアビュー