かさはら歯科医院から車で5分 みやぎ生協新田東店近く P6台有り

子供が虫歯になりやすい時期🦷

皆さんこんにちは!歯科助手の佐々木です!

すっかり季節は冬ですね☃️

寒い日が続きますので体調管理には気をつけましょう🥲

子どもは生まれたときから永久歯が生え揃う13歳頃までに3回、もっともむし歯になりやすい時期があると言われています。

お子さんの大切な歯を虫歯から守るためにも次の時期にはしっかりとケアをしましょう🦷🪥

①乳歯の奥歯が生え揃う頃

年齢でいうと1歳7ヶ月から2歳7ヶ月の頃です。

大人から虫歯菌が感染しやすい時期でもあります。

 

②6歳臼歯(きゅうし)が生えてくる頃

およそ5歳後半から6歳頃までです。

この時期に一番奥に生えてくる歯のことを6歳臼歯 と言います。

生えたばかりのこの歯は、歯質が弱く抵抗力が  ありません。

歯肉から顔を出す間際は、特に歯ブラシが歯の表面に届きにくいため注意が必要です。

③ 12歳臼歯が生え揃う頃

12歳臼歯とは、一番奥にある6歳臼歯よりさらに奥に生える歯のことで、13歳頃までに生えます。

歯ブラシが届きにくく、目視で確認しづらい歯です。

歯磨きが不十分になりやすく、6歳臼歯と同じく生えてくる最中に虫歯になる子も多くいます。

 

〜虫歯にならないために注意すること〜

① 大人とスプーンなど共有しない

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には虫歯菌はいません。虫歯菌は大人から感染してしまいます。それを防ぐために、スプーンや箸の共有は避けましょう。

食べ物の口うつしも避けましょう。

そして、家族全員がお口の健康に気をつけましょう。

②甘いものは避ける

虫歯菌を完全に避けることは難しいですが、甘いものを避けることで菌の増殖を防ぐことができます。

また、歯に良い食材を積極的に取り入れましょう。

リンやカルシウムなどのミネラルを多く含むものや、よく噛み唾液がたくさん出るような食品がおすすめです。

③ダラダラ食べをしない

常にお口の中に食べ物があると、虫歯になりやすい状態になります。食事やおやつはきちんと時間を決めてとりましょう。

④食後には歯磨きをする

虫歯予防には食後の歯磨きが大切です。

食べた後には必ず歯磨きをする習慣を子供の頃からつけることは生涯自分の歯でおいしく食べるために重要です。

⑤仕上げ磨きをしましょう。

まだ自分でうまく磨くことのできない年齢のお子さんはもちろんのこと、一人で磨けるようになっても小学生、中学生くらいまでは仕上げ磨きをしてあげましょう。

他にも定期的に歯医者で検診を受けることも大切です(^^)

 

 

インドアビュー